札所便り

第20番 パルシェ香りの館 甘い香り漂う

H29年05月09日


甘い香り漂うカモミール

パルシェ香りの館でジャーマンカモミールやフクシアなどが見頃を迎えています。白い花を咲かせるジャーマンカモミールはリンゴに似た甘い香りがり、ハーブとして用いられる。同館では約5千株を大農園で栽培しており、花の摘み取り体験ができる。(小袋1杯100円)同館の大温室で育つフクシアの花は、イヤリングのように垂れ下がった形が特徴。天井から約50鉢がつり下げられ、ピンクや赤、紫の花を鮮やかに咲かせています。6月末ごろまで眺めを楽しめるという。大温室では、紫色のかれんな花を咲かせるストレプトカーパスも見ごろ。釣り鉢からあふれんばかりに咲き誇っている。

▲このページの上へ